垂井町 O 様邸 新築工事

垂井町 O 様邸住宅新築工事

木造2階建 延べ床面積 140㎡

 

ご縁あって、地元府中での新築工事

 

重機の手配、職人の手配、工事段取り

スムーズに動けるホームグランドでの

工事になります。

ご近所の皆様にもご理解たまわりながら

長丁場になりますが、よろしくお願いいたします。

造成工事

平成30年3月

ご近所様と境界の立会を済ませ造成工事へ

農地転用許可のもと、住宅地へと生まれ変わります。表土は地耐力の低下、不等沈下の原因になります。しっかり撤去してからよく締まる土砂を運んできます。

地盤改良工事

平成30年5月末

地盤調査を実施

古くからの地盤には地耐力があることを確認

造成工事で盛土した深さ分、建物の大きさ分

を撤去して再生砕石に置き換える。

厚さ約80㎝。厚さ15㎝毎にローラーで転圧して仕上げていく。

砕石が締め固まるとコンクリートのような硬い地盤に生まれ変わる。

木造2階建て住宅に必要な強固な地盤へ改良

10年間の地盤保証もつきます。

基礎工事

平成30年6月

基礎工事が完了

住宅中央には地鎮祭でいただいた鎮物の御札を埋めてあります。

ずっと家族を、住宅を守ってくださいます。

基礎工事は配筋検査を実施。

建物の重要な足回り、地固めの構造物を入念に作ります。

アンカーボルトを設置して建物と一体化を

図ります。

土台伏せ

平成30年6月末

基礎強度を確認。土台伏せへ。

建前前日。ヒノキの土台を基礎と緊結。

前面床下換気のため土台パッキンをはさむ。

床下の温度を住宅内に伝えないため厚さ

60㎜の断熱材を敷き詰めます。

のち、24㎜構造用合板を貼り込み完了。

いよいよです!

平成30年7月2日建前 上棟式

平成30年7月2日 建前です。

朝から10人を超える飛騨の匠とともに

勢いよく柱が立っていきます。

心配された梅雨時期の雨も今日の日だけは

持ってくれました。

1日の作業でレッカーによる荷揚げは終了。

ほんとにあっという間で骨組みが完了します

外部下地の準備

平成30年7月中旬

台風のシーズン。

建物内に雨が侵入しないように防水シートを

はります。ここまで来ると一安心。

もちろん屋根も貼れてます。

さすがに梅雨シーズン。雨養生が大事。

浴室の完成